トールペイント・デコパージュなどハンドメイド

ルプゼ(2枚)の技法
スポンサードリンク

ルプゼ(2枚)

絵の中のある部分だけ立体感を出したい。なんていうときに使ってみてください。

rupuze2-1 〜用意するもの〜

白木(下地塗りの済んだもの)・貼り付ける絵(下になる全体的な物と、立体にしたい部分だけを切り取ったもの。仕上剤を2回塗っておく)2枚・粘土・ボンド(又は専用グルー)・ローラー・モデラー・仕上剤・耐水サンドペーパー
rupuze2-2 絵の裏に少しの水で薄めたボンドを塗りローラーで中から外に空気を押し出すようにして密着させる。
はみ出したボンドは固く絞ったふきんでふき取る。
rupuze2-3 こんな感じになります。
rupuze2-4 貼り付けた絵の上に粘土を付けていきます。
絵の端は2mm位残してあまり付け過ぎない様に注意してください。
rupuze2-5 上からボンドを付けたもう1枚の絵を下の絵に合わせて貼り付けます。
rupuze2-6 よく絞ったふきんで周りを整えてください。
rupuze2-7 モデラーで立体感を出していきます。
rupuze2-8 こんな感じ・・・わかりにくかったらごめんなさい。
rupuze2-9 仕上剤を1度塗ってから丸1日置いておきます。
粘土が十分乾いたら、5~6回仕上剤を塗り(1回1回ちゃんと乾かしてくださいね)耐水サンドペーパーをかけます。その後2回仕上剤の後耐水サンド、を3,4回繰り返し出来上がりです。
※粘土の上は耐水サンドペーパーをかけないようにしましょう。