トールペイント・デコパージュなどハンドメイド

エンビロテックス(共通)
スポンサードリンク

エンビロテックスを使ってみよう

エンビロテックスは、エキポシ系の油性仕上剤です。
使用すると、表面がガラスのように硬くなり傷がつきにくくなります。
テーブルやお盆など傷つきやすいものに是非使ってみてください。

 

エンビロテックス 〜用意するもの〜
・エンビロテックス
・液を流す物(お盆など)
・カップ
・ヘラ
・ストロー
・爪楊枝
・液を混ぜる棒
エンビロテックス 2つの液を同量カップに入れる。使い終わった後のカップは使い物にならないので、プリンやゼリーのカップをよく洗い、乾かして使用するとよいと思います。
エンビロテックス 2〜3分間良く混ぜる。
エンビロテックス 混ぜ終わったらすぐに流し入れる。残して置けないので、全て使い切るつもりで最初に混ぜる量を加減してください。
エンビロテックス 流した液をヘラで伸ばします。
(筆でも良いのですが毛が落ちやすいのと、使用後に洗うのが大変なのでヘラを使っています)
あまり時間をかけずに角までていねいに伸ばしましょう。
エンビロテックス 大きな泡は爪楊枝でつつきます。
小さな泡はストローで吹きかけるとみるみる綺麗に無くなっていきます。
エンビロテックス ほこりの付かない所で2〜3日乾燥します。
冬は気温が低いのでなるべく避けたほうが良いと思います。気温が低いと、硬化に時間がかかります。
エンビロテックス

出来上がりました。
お皿やカップを置いても傷が付きませんし、絵もはげることがありません。
汚れたときもサッとひと拭き!
しかし、あまり熱いものをおくとくっついてしまうこともあるので注意。