トールペイント・デコパージュなどハンドメイド

トールペイント

トールペイントを知りたい

 

私がトールペイントを始めたきっかけ

 

あれは何年前だったでしょう・・・何十年前かもしれません。
友人に誘われてのトールペイントの体験会。
トールペイントというものの存在すら知らなかった私。
トールペイントって何???絵なんか描けないよ、 と言いながら先生に教えられるがまま描き上げ出来上がった「キーフック」。
感動!の一言でした。絵心がなくてもそれなりに見えるから不思議です。
その体験教室をきっかけにトールペイント教室に通うようになったのです。

 

トールペイントって、元々はブリキなどに絵を描いていたそうで。
よく家の表札にしている方がいらっしゃいますよね。
そのイメージが強くて、白木に描くものだとばかり思っていましたが、ガラス・陶器・プラスチック・布などあらゆる物に描くことができるのです。
あなたも自分だけのオリジナル作品。作ってみたいと思いませんか??
ちょっと興味をもっているあなた。
最初から道具を全部揃える必要なんかありません。
まずは、私のように“体験”しましょう。
近くに教室があればよいのですが、なくてもホームセンター、トール用品を扱っているデパート、公民館などでも体験会を開いている所があります。
体験の良いところは、最低限の道具を用意すればよいということ。
なかには手ぶらでOKなんていううれしいところもあります。
体験なら費用もそんなにかからないので気軽に行ってみましょう。
自分の描いたものがインテリアになる。
私が最初に味わった感動を多くの方に味わってもらいたいのです。

 

トールペイント記事一覧

トールペイントを始めたい

はじめてみようかな〜、と思ったら、その時がはじめる時だと 私は思うのです。ここでは、はじめての方が最初にそろえたほうが良いのでは、 と思う基本の道具を書き出してみました。いろいろな便利グッズがありますが、そろえ始めたらきりがないです。後は必要になったときにその都度そろえていけばいいと思います。ご参考...

≫続きを読む

 

筆をそろえる

お店に行ってみるとわかりますが、本当にたくさんの種類の筆があります。同じ種類でも太さ(号数)の違うものがたくさん。全部そろえる必要はありません。初心者用に必要最低限の筆をセットにしてくれているお店もあります。代表的な筆をあげてみました。

≫続きを読む

 

あると便利

必ず必要というわけではないけれど、あると作品の幅が広がります。メーカーによって呼び名が違う場合がありますのでご注意を。リターダー絵の具が乾燥するのを遅くするメディウムです。クラックル作品の表面にひび割れ模様を作ります。スノーテックス雪が降り積もった感じを出すときに使います。グロスフィニッシュ美しい塗...

≫続きを読む